PIB title

植物と昆虫のデータベース(PIB)

PIBデータベースの概要

これは植物と、それを食する昆虫についてのデータベースです。地理情報や、植物の含有化学物質についても検索できます。

植物は、多くの有用植物や雑草を含みます。それらを餌として利用する植食性昆虫群は、作物の害虫や、雑草の天敵として潜在的利用価値がある種も含みます。

さらに、天然殺虫剤と言われる、昆虫 に対する毒性化学物質(シアン化化合物、フラボノイド、非タンパク質性アミノ酸)や誘引物質、忌避物質が様々な植物種から発見されています。 そこで、植物と植食性昆虫の組み合わせと、植物の含有化学物質データが蓄積されつつある現時点で、データベースを構築し、ここに公開すること にしました。

This is a database of plants and herbivorous insects that feed on them. Information on geographic distribution and phytochemistry is also available.

PIBデータベースは、テキストデータベース管理システムSIGMAにより運用されています。




PIBデータレコードの項目

データの項目とタグは下記の5項目です。

1. (HRBV) 昆虫(Herbivorous insect)
2. (SYNO) 別称(Synonym)
3. (HOST) 寄主植物(Host plant)
4. (C) 採集国(Country (Reference))
5. (REM) 備考
6. (PART) 植物被害部位(Plant part attacked)

PIBデータレコードの実例

(HRBV) Megabruchidius dorsalis (Fahraeus)
(SYNO) (as Bruchidius dorsalis)
(HOST) Gleditsia japonica Miq.
(C) Japan (Roelofs 1880)
(REM)
(PART) seed

参考資料


利用規約

植物と昆虫のデータベース作成グループ(代表:津田みどり(九州大学・農学研究院)、編集:嶋田正和(東京大学・情報学環)・藤井義晴(東京農工大・農学研究院)・立石庸一(琉球大学・教育学部)・加藤俊英(東京大学・教養学部)・津田みどり・鹿児嶋久美子(九大院・農学研究院)、システム管理:井上仁・上塘深(九大・情報基盤研究開発センター))に帰属します。

本データベースの複製・転載・販売等の二次利用を堅く禁じます。


連絡先

812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1

九州大学

植物と昆虫のデータベース 作成グループ

E-mail: tuda@grt.kyushu-u.ac.jp